他力本願の日本人

相性占いが日本人に大きく広まっていることは、日本人の他力本願的な考え方と、大きく関係があるといえるでしょう。物事が、もしなにかうまく行かなかった時、その原因をどこに求めるかは、それぞれの国民により異なるものかもしれません。

アメリカ人など西洋人は、物事の結果に対し、あくまで自分の努力が足りなかったと考える傾向が強いようです。西洋人は、何でも自分を中心に、モノを考える傾向が強いといえるでしょう。それはあまりにも自分中心で、苦しくなるところもありますが、しかし逆に、潔い態度だといえるかもしれません。自分の努力や才能により、どんなことでも可能になると考えることは、人間に夢と希望を与えることになるのは事実でしょう。そしてもしうまく行かなければ、努力や才能が足りなかったということです。

しかし日本人の場合には、自分以外のものに、原因を求めることが多いといわれます。よくあるのは、神様です。日本人は古来、様々な自然現象を、神様に例えてきました。人間は、神様にはかなわない。たしかに地震や津波のような、大きな天変地異は、誰にもどうすることもできません。天災の多い日本だからこそ、生まれた考えなのかもしれませんね。

カテゴリー: 相性占い   パーマリンク

コメントは受け付けていません。