信仰と日本人

相性占いのような、人間にとってどうにもならないことを、根底に据える日本人の考え方は、世界でも珍しいものといえるのかもしれません。もともと古代においては、どの国の人でも、同じように考えてきたものかもしれません。しかし多くの国で、そのような、単に他力本願的な考え方は改められ、より努力を中心とした考え方に、移行してきた経緯があります。

宗教においても、昔は日本のように、他力本願的な「神」が、どの地域にも存在したものでした。しかし仏教や、キリスト教に見られるように、「修行」や「信仰」を努力して行うことにより、人間の運命は、自分で変えることができると、多くの国民は、考えるようになりました。

日本においても、もちろん仏教は、大きな影響を社会に与え、実際に仏教を信仰する人も、日本に少なくありません。しかし社会全体としてみれば、仏教を信仰し、真剣に修行や、またそれに類するものを行う人は、日本には非常に少ないといえるでしょう。葬祭行事としての仏教はあるけれど、精神的な影響力は、仏教はほとんど持たないといえるでしょう。日本人とは、何とも稀有な国民であると、世界の中から見てみれば、言えるのかもしれません。

カテゴリー: 相性占い   パーマリンク

コメントは受け付けていません。